Advertising

during tango porno


私は35歳です、私は15年間結婚しています。 私は彼女を初めて見たときから私の義母のファンでした,
彼女は今45歳です。 彼女は完全な大きな腰と大きな1.65メートルの背の高い女性です
胸とほぼ20年の未亡人となっています。 長年にわたり
、彼の夢を描いた31。
私たちはしばらく一緒に座って、すべての瞬間に彼のすべての動きを見ていました。 しかし、私はまともなフリーキックをキャッチすることさえできませんでした。 ワン
夜、彼が寝ている間、私は彼の部屋に入って、私は少し酔っていました。 私は彼女のベッドに入って
後ろから彼女を抱きしめた。 彼は大きな反応を示し、私に出て行くように言った。
どうやら、この仕事は自発的ではありませんでした、私は彼を眠らせるつもりだったことを私の心を作りました
そのようにそれをファック。 昨年の夏、私たちは一緒にキャンプし、テントに滞在していました。
ある夜、一緒に飲み物を飲んだ。 彼の飲み物に睡眠薬を入れました 常に
私たちは同じテントに一緒に滞在していました。 義母が眠っていた場所
布のカーテンで区切られていました。 夜遅くに,
誰もがいびきを始め、私は、年の興奮で、ゆっくりと私の手を伸ばしました
私の義母のベッドにカーテンの下で、彼女
ずっと先に横たわっていた、私の指先はほとんど触れていた
彼女のケツ 私の心
興奮して停止するだろう。

私は彼の薄くて緩いショートパンツの足に私の手を入れて、私
彼のお尻のレベルまで私の手を拡張し、その下にはパンティーはありませんでした。 彼は汗まみれだったと彼の
足は火のように燃えていた。 少し難しさで、私は彼のショートパンツを引っ張って、彼のお尻以来
私と後方に直面していた、私は簡単にできました
今、彼のお尻の穴を指。 しばらくの間運指の後
、私はカーテンの下に私の頭を立ち往生し、彼のお尻を舐め始めました。
彼は睡眠薬の影響を受けて全く動いていなかった。 これは私に多くの励ましを与え、
私はゆっくりとカーテンの下から自分自身をスライドさせました。 私は私のショートパンツを剥がした
そして、彼のねっとりとしたお尻に私の貪欲なディックを押した
. 私はゆっくりとそれに入り始めました。 クマの瞬間
私は彼女の巨大な胸を私の手で撫でていました。 私は私のコックを押し込んだ
火のような彼女のタイトなお尻で、それはとてもタイトでした。 私はできませんでした
はるかに長くそれを取る、私はあなたのお尻にバースト、年の蓄積。 そして、私は行って、横になりました。
私は次の朝目が覚めたとき、私は私の義母とアイコンタクトをした、と彼女はおそらく
夜に起こったことを理解し、どのような方法で反応しませんでした。

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In