Advertising

porn beeg porno


こんにちは、私の名前はムスタファです、私たちはこの記事で言及したことを、私たちはそれが私たちの多くが時々想像することができる状況であったことを認めなければなりませんが、私は簡単にそれが私たちが非常に近い力になると少し奇妙に感じると言うことができます、これは通常のいとこ関係を超えた親密さを意味します、私たちが食べるもの、飲むもの、離れて行き、お互いに最も私的な事柄を伝えないでください、私たちはそれらの上に長い道のりを探します。 再び、ある日、私たちは彼と一緒にたむろし、いくつかの新鮮な空気を得るために遊園地に行ってきました、実際には、これは私が非常に好きではない場 しかし、私は彼の目に幸福を見たとき、私は突然自分自身を失い、彼のコピーのように行動し始めたので、私は拒否しませんでした。 とにかく、私たちがそこに着いたとき、彼女は観覧車に乗りたいと言ったので、私の男は私が高所恐怖症を持っているにもかかわらず、彼女に従った。 私たちはお互いに隣に座って、彼女は私が怖がっていることを知っていたので、彼女は私の手をしっかりと握り始めました。 その瞬間、すべての私の恐怖が消えて、私は私のいとこの顔を見て、彼女が親切で美しい女の子だったと思った。 実際には、この手を握る事件はその日の私にとって最初の火花を引き起こしましたが、本当の冒険は続きから始まりました。 観覧車を降りた後、私は私のお金が座席に落ちて、彼を探すために曲がっていたと思うと言ったとき、私は彼のお尻が前にとても印象的だったか、近親相姦の興味のために気づいていなかったので、私の心拍数はピークに達していたかもしれません。 私の家族が美しいお尻を持つこの女の子について私に指示した一方的な態度のために、それは私のいとこです、私は彼女についての兄弟の感情だけを感じるように自分自身を強制しました。素晴らしく彼のお尻は、彼のズボンの形を取った、私はこの素晴らしいイメージのために水に帆を入れないだろう男があるかもしれないとは思わない、私たちは一日の後半に飲み物のためにカフェに行ってきました、もちろん、彼はそこに言う、私は聞くふりをするが、私の心はまだ彼が私に与えたセクシーなイメージを取り除くことはできません、私は笑顔と私はなぜあなたが笑っていると言うとき、私は回復し、彼女のスピーチに集中することができました, しかし、私はあなたに私のいとこ、現代の家族の中で育った世俗的な女の子について少し教えてみましょう。 私のいとこは身長1.73メートルです。7373

彼女の体重は63かわいいかかわいいです、私が言ったように、彼女のお尻はスポーツで非常に良いです、私は彼女の胸が普通のシリコーンであれば彼女は好きではありません、彼女はそのようなことはありません、彼女のボスニア移民の父親がそこから彼女を得て、彼女の目はヘーゼルなので、あなたが見れば、恋に落ちないことは不可能ではなく、それに興味がないことは不可能ではありません。 全然覚えてない それは少し空気を得ることだったが、物事は少し後に変更され、彼は歩いている間に話を始め、彼はあなたが今日私と別の日を生きているかのように言彼はそれが好きで、彼はそれが好きでしたが、彼はそれを明確に述べていませんでした、私は実際には恥ずかしがり屋ではありませんが、彼がそれを言ったとき、私は怒るでしょう、私は嘘をつくべきです、それから私はあなたにそれをまとめるように言いました、すべてが正常でした、私は言った、彼は確認するかのように頭を下げ、私たちはしばらくして歩き続けました。 る彼女の私のために米国からの学校にいやされましたこんにちは. 彼女は学校で私に興味があるとこの女の子に言っていたことが判明しましたが、彼女は誰にも言わないように私に言った。 挨拶の後、彼女は突然、これが彼女だったかどうかを確認するために開いた。 彼女は状況をまとめるために霜降りの状況を理解していないふりをしていたにもかかわらず、私は今すべてを実現しました。 たら、どんなにもらったitI述べた通常、低頭として確認して歩き続けその後、彼女の心があったから、学校にいやされましたこんにちはこの女の子であったことが判明した彼女たちはこの女の子が学校では彼女に興味があったがこの少ないで”と言ってくれたので伝えたものです。 私が強打で主題を育てたときに霜降りが理解しないふりをしたにもかかわらず、私は今すべてを実現し、彼は私を望んでいた、私はそれを知っていたが、私はそれをもっと知っていた。と言っても通常、低頭として確認して歩き続けその後、彼女の心があったから、学校にいやされましたこんにちはこの女の子であったことが判明した彼女たちはこの女の子が学校では彼女に興味があったがこの少ないで”と言ってくれたので伝えたものです。 私が強打で主題を育てたときに霜降りが理解しないふりをしたにもかかわらず、私は今すべてを実現し、彼は私を望んでいた、私はそれを知っていたが、私はそれをもっと知っていた。私はより多くのそれを知っている間、私は彼があまりにも私を望んでいたことに気づきました私はより多くのそれを知っていた間、私は彼があまりにも私を望んでいたことに気づきました

待たずに彼女に開放すべきだと思っていたが、来た女の子との長い会話をどうやって終わらせ、どうやって彼女と一対一でいて、彼女の目に私の情熱を注ぐことができるかを考えていた。 とにかく、最終的に私は何とか彼女を撃って、私たちが少し草の上に座って休む必要があると彼女に言った、そして彼女は私が正面からの穏やかな海の音を持つ女の子に惹かれたことを確認しました。 そして、私はそれを世界に共有することはできないと彼に言いましたが、あなたはそれに名前を付けませんでした、彼は耳を傾け、私が彼に言ったことが自分自身であるとは思わなかったと確信しています、彼は言った、”うわー、あなたはとても悪い、いとこ、幸運な女の子です”彼は偽の幸福の表情で彼の顔に言いました、そして期待される瞬間が私のために来て、彼女は私が言った女の子が誰であるかを言いました。 彼は尋ねた、私はすでにこの質問を待っていたと私は彼が尋ねるために死んでいた、私は私の心の上に一つを置き、彼の心の上に他の後、私はすぐに彼の両手を開催しました私たちの間の誠実さをtrusting、あなたはその盲目にすることはできません。 私はあなたと恋に狂ったように落ちた私はあなたの心に置く手がそこから削除されます場合は、私は言った、私の心はその場所からリッピングされ 彼はまっすぐ後ろに寄りかかった、私はしばらく待っていた、私は彼が彼の頭をクリアしなければならないと思った、そして私があなたに行ったとき、私は何年もあなたを愛してきたことを誠実にあなたに言ったが、あなたは私を親戚として見て、私があなたの兄弟であるかのように私を扱った、それは私を非常に悲しくしましたが、それは私よりもあなたを傷つけるので、私はそれを示すことができませんでした。私は彼が答えることなく、あなたを見て見て、彼は立ち上がって、木に寄りかかった海岸に向かって、より荒涼としたスポットに、私はしばらく待っていた、私は彼が一緒に彼の頭を取得する必要がありますと述べたそして、私はあなたに行ったとき、私はすべての私の誠実さで年間あなたを愛していた, しかし、あなたは私を親戚として見て、私があなたの兄弟のように私を扱った。 それは私をたくさん傷つけたが、それは私よりもあなたを傷つけるので、私はそれを示すことができませんでした。私は彼があなたを見て見ました,答えずに,彼は立ち上がって、岸に向かって、より荒涼とした場所に木に寄りかかった,私はしばらく待っていた,私は彼が一緒に彼の頭を取得する必要がありますと述べました,そして、私はあなたに行ったとき,私はすべての私の誠実さで何年もあなたを愛していました,しかし、あなたは私を親戚として見て、私はあなたの兄弟だったように私を扱いました. それは私をたくさん傷つけたが、それは私よりもあなたを傷つけるので、私はそれを示すことができませんでした。

彼は私を追い払うことができました、それは私の年があなたのためのあなたの愛のために身もだえを過ごした方法です、彼は私が彼の表現に非常に感銘を受けたと言いました、突然起きて、私たちは家に帰る、私たちはそこでより快適に話をします、私はそれが十分な空気を得るのに十分だと言いましたそして、私はあなたの腕をつかんで私たちの家に来て、あなたのパジャマなどを交換してください。私はより快適に移動するためにそれを置くと言った、彼女はそれを身に着けていたとき、彼女は非常に可愛かったが、彼女の顔はまだ少し泣いていた。 変えておくべきだった 私たちはソファに座って、彼女は彼女の物語を続けることができる前に、私は今日、私は彼女のために感じた関心について細部に彼女について話し、私は姉として見るEbruは、今非常にかわいいことを今日私のガールフレンドに話しました。 私は彼が進化したいと彼に言った、と彼は私が知っていると言った、私は彼が誠実であると信じて、彼は言った、”今黙って、私の話を聞いて、あなたは私がこの人生で私のボーイフレンドとして見る唯一の人です。”私はあなたがこの人生で私のボーイフレンドになることができる唯一の人だと言ったとき、私は突然感情の放電でエブルの唇にしがみついて、彼は 彼女は彼女が一緒に自分自身を引っ張ることができる方法を発見しました私たちは長い間私たちの唇を濡らしました私たちの性欲はピークに達し、次のステップとして、彼女は私の陰茎を保持していました彼女は私のズボンの上をしっかりと握り、粘土のような私のディックで何度も遊んで、私はもうそれを我慢できず、彼のパジャマで最初に彼を剥がし始めました。

私は壮大な景色に出くわしました、彼女のブラジャーは黒でした、私はあなたについて知りませんが、それは私の好きな色であり、彼女は両側から彼女の胸を絞っていました。 今、彼女は私の前で完全に裸だったし、正直に彼女は石のように見えたし、彼女は私のズボンとパンティーを引っ張って、私にフェラチオを与え始めた、私は彼女の頭に抵抗する贅沢を持っていなかったので、私はすぐに射精した私は彼女の髪をつかんでいたが、彼女がしっかりと保持していたディックは、運転後、これらの数分大きな食欲を持って吸い続け、彼は私に向かって来て、彼の手で私のコックを取り、彼の膣に身を置いた、本当の行動が始まっていた、私は雲の上のようだった, すべてがとても美しいです頭の美しさは今私の女王であり、彼女は彼女の男を満足させていたので、今私には見えました,その夜、私は彼女に3メールを送った,実際には,より多くがあるだろう,しかし、我々は疲れていた,我々は両方の私たちが話したことに疲れていた,そして、私たちは私たちのベッドの上に横たわって、きれいな睡眠を持っていた,はい友人,私はより多くの詳細に入ることによって、それを延長したくなかった. 私の最後の言葉は、あなたが非常に何かをしたい場合は、それの後に実行し、それは間違いなくあなたや一日になりたいことを知っている、それはああなたは非常に多くの何かをしたい場合は、それの後に実行し、それは間違いなくあなたのものになりたいか、それは一日あなたのものになりたあなたは非常に多くの何かをしたい場合は、それの後に実行し、それは間違いなくあなたのものになりたいか、それは一日あなたのものになりた 🙂

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In