Advertising

xxx.888.teen mom porno


一人で住んでいる42歳の女性として、私は時々角質になり、私は通常、偽のペニスやおもちゃで自分自身を満足させます。 私は率直に言って、私はセックスをたくさん愛していると言わなければならないが、私はいつも私はそんなに男性を信頼していないので、セックスを 通常、彼らはちょうど愛を作ることはありませんし、彼らも脅迫、すべての時間の会話を持っているしたいです。 このため、私は自分自身を満足させることによって私の人生の中で男性に場所を与えることはありませんが、私はまたセックスが大好きです。 とにかく、なぜ私はあなたにこれをすべて言ったので、私のところに来たマスターがどれほどハンサムであるかを理解することができ、私は彼に耐えられず、この狂ったことをしました。 それは私に信じられないほど肯定的なエネルギーを与え、私がそれを見るとすぐに、私は角質でした。 最高の、私はあなたに最初から私の人生の最高のセックスを教えてみましょう。

私の浴室のホースは水を滴らせていた。 一人暮らしの女性として、私はこのような少し試してみましたが、私は成功できませんでした。 そこに大きな問題があったと私はマスターを呼び出す必要がありました。 私は近くのDIYの店に行って、職人の電話番号を取得し、ランダムにそれらを呼び出しました。 私はマスターに家を説明し、彼は彼が半時間で来ると述べました。 とにかく、彼は彼が言った時に到着し、私がドアを開けたとき、私は男がちょうど表彰台から飛び降りたかのようだったので、私は私の目の前で見た男 彼は40代前半でしたが、彼は非常に新鮮で若く見えました、私は彼が腕の筋肉を持っていたので、彼はスポーツをしていたと思います、私はそのようなマスターが存在していて、この仕事をしたことに非常に驚きました。 私はドアを開け、数秒間男を見つめた。

部屋は驚いていたと私の反応に直面して何を言うべきか分からなかったので、私は部屋が私が好きで、彼を驚かせたどのくらい理解したと思います。 私は丁寧に微笑んで、一緒に自分自身を引っ張って、彼にトイレの故障を示し、彼を入れました。 私が曲がって彼をチェックしている間、私は彼の体を調べ始めました、それは本当に後ろからでも非常にセクシーに見えました。 彼女は黒い髪をしていた、と彼女の髪はちょうど白くなっていた、それは彼女に非常にセクシーな外観を与えました。 私はこの男と一緒に寝るべきかどうか疑問に思っていました,私は彼に背中の抱擁や背中から今キスを与えた場合、彼は私に何をしますか? 私は彼が私を拒否するかどうかわからなかった、それは少し良く話をする時間だった、私はそれに応じて行動するだろう。 そして、私は失うだろうか? 私が困っていたら、私は最悪の家を出て移動していただろう、私はこのように自分自身を取得し、マスターに言った、マスター、私はあなたがスポーツをやって

彼はなって、笑顔でyesと言った、私はあなたが本当に美しい体を持っていると述べました。 男は非常に驚いていた、私は彼がそのような言葉を期待していなかったと思う、と私はこれを言っている間、私のトーンは非常にセクシーにしたので、彼は彼に感謝し、振り向いて、彼の仕事を続けた。 私はこの男が手に入れるのが難しかったと思う本当に驚きました。 だから私はすぐにバスルームから出てきて、寝室に行き、服を変えて、セクシーなナイトガウンを着て、マスターに行きました。 彼は私に何かを言うようになって、そのように私を見て、数秒間私の顔を見つめ、立ち上がって私に近づいた。 私は彼が言うつもりだったものを待っていた。 私はあまりにも微笑んで、彼の目を見て、彼の唇に近づいた、私は彼が私を拒否しないことを願って、私はそれについて本当に動揺するだろう。

彼女は拒否しなかったと彼女は私の唇にしがみついて、壁にハード私を押して、私のナイトガウンを剥がし始めました。 この男は本当にセクシーだったし、よく彼の仕事を知っていた。 彼は熟達と性交の両方をうまくやることは明らかでした。 すでに私の鼠径部に痛みがあり、私は非常に興奮していた、彼はすぐに私のパンティーを脱いで、壁で私をファックし始めた、私は完全に彼の唇にキスをす 彼は壁が激しく叩いて立っていた、私は本当に息が切れていた、はい、私はこの男を誘惑したが、私はそのような突然の方法で彼からそのようなパフォーマ

彼の陰茎は大きすぎて、それが傷つき始めていた、私は彼の耳に身を乗り出して言ったマスター、あなたは少し遅くなることができます、私は追加しました、”来て、私たちの寝室に行きましょう、そこに私を性交させてください。”私は手で男を取り、私はすぐに上に曲がって、彼に私の腰を提供し、寝室に彼を導いた。 彼は私の腰をつかんで、私の膣から私をファックし始めました,男は何年もセックスをしていなかったか、彼は非常に頻繁にセックスをしていたので、彼はこれで非常に経験したかのように、それはとても速くそれをやっています. それが何であっても、それは本当に成功し、少しの痛みと少しの喜びが混在していました。 私はそのようなことをするためにあえてどのように知らないが、この男は、私が彼を見たとすぐに私をオンにし、彼はとてもハンサムでセクシーだった。

エロ話私は立ち上がって彼女の唇にキスを始めました私は曲がって彼女にフェラチオを与え始めた間、私は彼女の体を楽しむ必要がありました。 しかし、マスターはそれを許さなかった、彼は言った、”私は朝まであなたをファックしたい。”私は私もマスターだと言った、私はいつもここにいる、私はちょうどこの美しい体を少し楽しみたい。 だから私は彼を説得し、私は彼をベッドに置き、私は彼を完全に剥ぎ、彼の男らしさを私の口に入れ、彼の全身にキスしながら彼に素晴らしいフェラを与え それから私はそれに座って、今回は私がコントロールしていて、それを前後に行き始めました。

彼の陰茎はとても大きいので、私はそれを完全に飲まないように注意しました、私はそれを底に持って行ったときに痛いです。 しかし、マスターはとても角質だったので、突然の動きで、彼は突然私の中に彼の全体の陰茎を押して突き刺しました。 彼はそうするように彼はうめき声、それは痛いが、私はそれをたくさん楽しんでいた。 このような数分後、私はオルガスムを持っていました。 初めて、私は男の前にオルガスムに達しましたが、私はマスターが射精するつもりはなかったと思います。 私たちは約一時間のために愛を作っていたので、しかし、男はまだ射精していなかった。 私はセックスマシンに出くわしました、私は確かに非常に幸運な女性でした。

私はあまりにも少しのために私を舐めるように彼に言った、彼は喜んで言った、彼は私の足を広げ、私の女性らしさを吹く舌を開始しました。 一方、彼は私を指差していた、最初に彼は一本の指を入れて、二つ、そして私の中に四本の指の合計を入れて、この男はハード愛し、四本の指でからかっていた。 再び、私は非常に満足していたし、今私は私の中に彼の陰茎を取る準備ができていました。 私は立ち上がって再びカールし、彼はカールした方法で私の中に来て、彼は非常に速く行動し、そのような約10分間私を犯した、男はまだ射精していなかった、それは私が男がこのような長い時間のために保持して見ていたのは初めてだった、もちろん私はそれが非常に好きで、私はそこにもう一つのオルガスムを持っていた。 それから私の男は私の中に射精し、非常に激しく揺れました。

私たちは、ベッドの上に横たわっていたそして、あなたの唇にキスをした私はあなたが豪華な男だと述べたそして、あなたはそうですそして、我々はベッ 確かに、私たちの間に愛があるかのように、私たちは恋人のようなセクシュアリティを持っていました。 彼は私にこのような私の人生の最高のセックスを与え、彼は私に多くのことを楽しんだ。 私たちはさらに数回話しましたが、後で彼は定期的に私に会いたいと言いました。 私はそれを受け入れなかったし、私は定期的な会話をしたくないと私は私の人生に任意の男をさせませんので、彼と別れた。 はい、このマスターは私に私の人生の最高のセックスを与えましたが、私はまた、大人のおもちゃを楽しみ、私は長い間男と一緒にいたくありません。

Thankyou for your vote!
0%
Rates : 0
1 month ago 28  Views
Categories:

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In